本日の日経産業新聞

4面のエンタビジネス コーナーの

携帯電話向けゲーム特集内で

‘KLab・真田社長に聞く、mixi向けで100万人’

と、真田のインタビュー記事が掲載されました。




これまで、携帯向けソフトウェアのリーディングカンパニー
として幅広いモバイルコンテンツを手掛けてきた当社ですが、
そのノウハウを活かし、新しい市場をリードしていくため
昨年末にソーシャルアプリケーション専業子会社 
KLab Games株式会社 を設立しました。


おちまさと監修の「恋してキャパ嬢」は
おかげさまで100万人を突破。

その他、RPGゲーム「モンスターバスター」や
「トイボットファイターズ」、「Happy♪Gift」など国内
ソーシャルネットワーキングサービスのアプリケーション
プラットフォームの公開と同時に複数のソーシャルゲームを
リリースしています。

KLabGamesは、
今後も新たなニッチカテゴリを開拓し、利用者のニーズに
応じたオリジナリティあふれるコンテンツの提供を
行っていきます!





このエントリーをはてなブックマークに追加