━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2010年2月2日 vol.03 ━━━━━
【特集】
自信を持って「私のPCに個人情報は無い」と言えますか?
~記憶から遠ざかった個人情報ファイルこそ漏洩のリスクです~
---------------------------------------------------------------

マーケティングデータの分析やシステム開発・運用などで一時的に利用し
た個人情報をそのままパソコン内に残してしまっていませんか?

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、
2008年情報漏洩事故による損害賠償額は、次の通りとなっています。

■ 一件あたり平均想定損害賠償額・・・1億8,552円
■ 一人あたり平均想定損害賠償額・・・4万3,632円

このように、情報漏洩事故が起きてしまったら会社は莫大な損失を被るこ
とになります。一度事故が起きたら、企業は平均2億弱の損害賠償額を支払
うことになります。
更に、会社の信用失墜、問い合せ対応など合わせると、数億、数十億の損
失となるケースもあり、企業存続の危機にも成りかねません。

個人情報データの情報漏洩事故の主な要因としては、
- パソコンやUSBなどの媒体紛失や盗難
- ウイルスに感染によるファイル盗難、流出(Winny経由など)
- ファイルの不正持ち出し

などがあり、パソコン内にうっかり保存されたままになっている個人情報
をそのままにしておくことは大変危険です。

当社では、個人情報検出ツールP-Pointerというソフトウェアを開発・
販売しています。同製品は1クリックするだけでパソコン内に存在する
個人情報と思われるファイルを検出し報告するという、従来のセキュ
リティ対策ソフトとは一線を画す製品です。

情報漏洩対策は、まずは情報の棚卸し(現状把握)が重要です。
社員のPC内に残っている個人情報ファイルを発見、削除することこそが
セキュリティ対策の第一歩であり、それこそが情報漏洩リスクを低減させ
ます。

無料体験版をWebで公開していますので、この機会にぜひご利用下さい!
http://www.klab.jp/p-pointer/trial.html

P-Pointer導入事例
http://www.klab.jp/p-pointer/intro.html

P-Pointerに関するお問い合わせ
https://www.klab.jp/qa/p-pointer/index.html

----------------------------------------------------------------------
【サービス・活動紹介】
KLabが提供するHOTなサービス、活動のお知らせ

----------------------------------------------------------------------

1. 書籍 『夢を実現する技術』~なりたい自分になる5つのステップ
にKLab社長/真田のメッセージが掲載
‘失敗は早い時期に味わっておくことが大事’
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2159465

2. モバイル業界最大の交流イベント 第23回 体育会系モバイル部
講演:黒船来襲「ソーシャルの波」にKLab社長/真田が登壇
>> Googleで「体育会系モバイル部」で検索!

3. KLab、アクセスログをMessagePack形式で出力するための
Apacheモジュールを公開
http://dsas.blog.klab.org/archives/51563483.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 配信停止を希望される方は以下URLより配信停止手続きを行ってください
https://krs.bz/klab/m/kmdel

◎ KLabのニュースリリースを配信中(モバイル業界人は要チェック!)
http://www.klab.jp/press/

◎ KLabへのお問合せはこちらから
https://www.klab.jp/qa/ask/etc_ask.html


mailmagazine_blog_iconKLabメルマガのお申し込みはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加