本日のプレスリリースです。

KLab、シェアNo.1個人情報検出ツール『
P-Pointer』クレジットカード番号検出を強化
~ Luhnアルゴリズム採用、今夏より提供開始予定 ~


個人情報検出パッケージ市場シェアNO.1のP-Pointer
ハードディスク内の「どこに」「どのような」個人情報が
「いくつ」あるのかを洗い出し、定期的に従業員自身による
ファイル整理を義務付けることで個人情報管理の運用サイクル
を確立し、従業員一人ひとりのセキュリティ意識向上を促すツールです。

昨今の情報漏洩事故時、クレジットカード番号の漏洩は社会的
問題になっているため、特に金融企業においては、クレジットカード番号を含む
ファイルの所在を確認する必要性があります。

P-Pointerは、クレジットカード番号辞書を使用し検出した
ファイルに対し、さらに、クレジットカード番号のLuhn(ルーン)
アルゴリズムのフィルタをかけ、検出精度を高める機能を今夏より
導入する予定です。


特に大金融関連企業の情報システム、リスク管理担当の方、
ご注目ください。

詳しくはコチラをご覧ください。



■P-Pointer無料体験版、下記よりダウンロード可能です。
http://www.klab.jp/p-pointer/trial.html
このエントリーをはてなブックマークに追加