昨日の朝日新聞 朝刊の33面【働く】特集の
‘組織をいかす1’ にKLabの「どぶろく制度」についての
記事が掲載されました。


「どぶろく制度」は、標準労働時間の10%以内であれば
上司の承認なしで本当にやりたかった研究など、
好きなことに時間を費やすことができる制度
です。

以前、このブログでも紹介した‘Android時代のミニ四駆’
実はこの「どぶろく制度」から生まれたのです♪

記事中にもありますが、

この制度は、
あえて自由時間を制度として担保し
「自分が向いている得意分野を見つけるチャンスを
失うのはもったいない。道草する余裕を持って、自分が
生き生きできる能力を見だしてほしい」
という意図で
つくられました。

技術職だけでなく、企画職など他部署でも
どんどん「どぶろく制度」を活用して
自発的な創発を促し、優れた技術やアイディアの製品化
など新しいものを生まれることを期待しています!
このエントリーをはてなブックマークに追加