本日のプレスリリースです。

個人情報保護法が施工されて久しいですが、
いまだ毎日のように情報の流出が問題になっています。

なかなか改善できない現状に、
頭を痛めている方も少なくないのではないでしょうか?


しかし、頭を痛めているのは企業ばかりではありません。

学校をはじめとする教育機関でも、個人情報問題は頭痛のタネ。
情報提供の見返りに謝礼を受け取るなど、悪質な事件も起きています。

こうした事態を未然に防ぐことは、教育機関にとっても急務と言えるでしょう。


そこで今回、こうした困った状況に対応すべく、
教育機関への豊富なサポート実績を持つ ウチダエスコ  と提携。
 
個人情報検索ツール『P-Pointer』を教育機関向けに強化した
『P-Pointer』アカデミックライセンス 
を提供することにいたしました!

このアカデミックライセンスでは、
「教育機関特有の単語を検出するための辞書」を搭載するなど
機能面でも教育機関に対応しているほか、
リーズナブルな価格設定や、複数年契約の設定など、
より教育機関でご利用いただきやすいモデルとなっています。


教職員のPCやファイルサーバ内の個人情報把握、
教職員の個人情報への意識改善などなど、
情報漏えい対策の一助としてぜひご利用ください。

4月1日より、ウチダエスコより販売を開始いたします。
より詳しい情報は  こちら  からご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加