KLabでは
キャリア志向の高い女性の活躍機会を広げる施策として
 「育児休暇復帰後支援制度」を新しく導入しました。
 
 
“妊娠、出産をしながら仕事を続ける”
これは働く女性にとって、大きな関心事です。

政府が策定した「仕事と生活の調和推進のための行動指針」(2010年6月改定)によると、直近の第一子出産後の女性の継続就業率はわずか38%。
(2020年までに女性の継続就業率を55%に引き上げることを目標としています)


出産後、元の職場に戻り、以前と同じように働きながら両立をするのは難しく、「自分の望む時間帯、勤務日で働ける」パートやアルバイトでの就業再開とならざるをえない女性が多い現状ですが、

ずっと仕事をしたい、キャリアアップを望む女性は
一定の産休、育児休業のあと、パートタイム的復帰というのではなく、
時間の制限はある程度しても、出産後も出産前と変わらない充実感を求めるのではないかと思います。

そんなキャリア女性の出産・育児などのライフステージの変化を見据え、積極的に体制や環境を整えることで職場復帰を支援するという「育児休暇後復帰支援制度」は、ひとりひとりのライフスタイル、環境に合わせての復帰プランを上長と相談しながら設計できる心強い制度です。

このブログを書いている私自身も、この制度によって無事社会復帰をしました!
(新制度についてのコメントも掲載しています)

この制度を活用することにより、妊娠、出産、育児等、人生のイベントと仕事のワークライフバランスをとり、社員ひとりひとりがロールモデルとなって活躍してくれることを期待しています!
このエントリーをはてなブックマークに追加