先日、KLab Venture Partners新ファンドの投資スタンスや支援体制を紹介する「KVP新ファンドカンファレンス」を行いました。当日は、スタートアップ企業の方や学生さんなど幅広く、約100名の皆様にお集まり頂き大盛況!!
DSC03697

プログラムは
1.KVPファンド紹介
2.KVP新ファンドからの投資先ご紹介(3社)
   -各社3分程度
   -各社の紹介
3.パネルディスカッション
(加藤様、松本様、真田、モデレーター長野)
4.質疑・応答 

でした☆

『1.KVPファンド紹介』ではKVP代表の長野が、ファンドの強みとして、
・事業経験の豊富さ ・シード期の支援ノウハウ ・テクノロジー支援
などを挙げ、
シード期の投資判断の手法など実践的な紹介も行い、
次々と質問が出て、活気ある紹介となりました。

DSC03677


『2.KVP新ファンドからの投資先ご紹介』では3社様に来社頂き、
サービス内容や資金調達に関することなど、細かにご説明頂きました。
DSC03710


『3.パネルディスカッション』は
経営者である3名
(エンジェル事業家 加藤様、エンジェル投資家 松本様、当社CEO真田)以下敬称略)と
参加者みなさまの笑い声と共に和やかな雰囲気で進みました。
DSC03732
パネルディスカッションの様子を抜粋してご紹介すると・・・・


【Q.経営者を輩出するという点で伝説的な会社だった「リョーマ」ですが、その要因はなんでしょうか?】

■(真田)
「集まった人が共鳴して、「誰かができるのだったら、自分もできるのだろう」と
レベルが上がってくる、挑戦を挑戦と思わなくなったんだよね。
周りがみんなやっていたから、全体の底上げがあって、皆が経営者になったんじゃないかな。
偶然ではなく必然的にそういう環境をするとそういう科学反応がおこるんじゃないかな?

■(松本)
「何かをやる時に、できるだろうと思って、やること!
周りの環境も「まずできるよね!」っていうかんじ。
能力が高い低いの問題ではない

DSC03753

【Q.経営者としてのキャリアで最も後悔していることはなんですか?】

■(加藤) 
「後悔はしていませんがその後、反省したこととして、
家族をないがしろにしていきてきてしまったかな。
家族や両親や周りの環境とのバランスをとってあげた方がいいと思う。
家業を変えることはできないと思って、継がなかったけれど、やりようはあったなと今になって思って、
周囲の期待に応えていればよかったなと

■(真田)
「資本政策かな。
サイバードの子会社として設立したので、
時価総額が大きくなってきいてからでは持ち株比率をどうしようもできなかった。
収益が上がってから、株を持とうとすると、税金があって追いつかない。
VCさんと相談して、どういう資本政策をするか考えた方がいい。 
あとは・・・黄金の30代をどう過ごすか、全力で走り切れるかが大切

DSC03768

【Q.これまで色々な経営者を見てこられた中で、
成功する人の特徴、失敗する人の特徴があれば教えて下さい。】

■ (真田)
「想いが強い人。
目の前のことを絶対やろうと思っている人が成功するなぁと思っている。
ずっとそのことを考え続ける人、念が強い人かな

■(加藤)
「志が高い人が成功する!しょうもないことを考えている人はだめ!
株主を増やすとはどういう意味か。同じ方向で事業を伸ばしていく
会社のビジョン・夢がそろっていないと前に進めない

パネルディスカッション後、各経営者と参加者のみなさまとの懇親会も開かれ、盛況のうちに終了しました☆
DSC03806



 
このエントリーをはてなブックマークに追加