9月16日(金)に行われた『ソフトウェア品質シンポジウム2016』に、当社社員が登壇しました。

会場はソフトウェア品質管理/品質保証に関係する皆さまが参加しており、
オンラインゲームのようなエンターテイメント業界の状況についての情報共有が今まで少なかったので、
オンラインゲームの品質数値の把握方法についてとても関心を持っている方が多かった印象でした。
IMG_5587


そんな中で、
『ITサービス時代の品質保証』と題して、
「サービス開始後の継続的な機能改善/追加
および、その効果測定までも含めて品質を保証する時代になってきています!」というお話をしました。

サービス品質を考えるにあたり、サービスサイエンスという考え方が必要であることをお伝え出来きたのではないかと思っています。

登壇をしたKさんに感想と今後の目標を聞いてみました☆
<Kさん>
1年弱、参加各社の品質保証担当者とディスカッションしてきた内容を整理できる場となり大変勉強になりました。

今後もITサービスの品質作りについて、今後も他社様との交流、勉強会を通じて深めていければと考えております。

ソフトウェア品質シンポジウム2016 
 https://www.juse.jp/sqip/symposium/

※各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
このエントリーをはてなブックマークに追加