5月10日(金)~12日(日)にて、中国・上海で開催された「Unite Shanghai 2019」にKLab社員が参加してきました!


image4

多くの開発者が集まっているので、会場でも様々な出展や催しがあったそうです。

 

広報ブログでは参加したエンジニアのXさんとTさんにインタビューしてきました!今回は、会場の様子などについてご紹介します!

 

※セッション内容については前編をどうぞ♪


――:「Unite Shanghai 2019」の会場はいかがでしたか。

 

会場が大きく、セッションも大きな部屋を分割している形でした。なので、「Unite Tokyo」と比べると移動時間が少なく、移動が容易です。その分、多くの講演をまわることができました。ただ、その分自由時間が少ないので、計画的に回る必要があるなと思いました。


image5

――:どういった方々が多かったですか。

 

登壇者はもちろん、講演を聴いている人も中国の方がほとんどでした。中国で働いている日本や欧米企業の人もきているとは思いますが、日本企業や日本からきている人はあまり見かけなかった印象です。


やはり言葉の壁があるので、多くの日本企業では、わざわざ中国まで社員を派遣しない、あるいは派遣したくてもできていない状況なのではないかなと思います。そういう意味でKLabはとても特殊な企業ですね(笑)

 

 

――:セッション以外で印象的だったものを教えてください。

 

WeChatを活用している人が多かったのが印象的です。会場では、展示ブースも多く出展していましたが、そこでは各ブースでスタンプがもらえて、そのスタンプを集めると特典がもらえるといったものでした。

image3

写真:ノベルティの数々!

QRコードをWeChatで読み込みアンケートを答えると、スタンプをもらえるといった仕掛けをしているブースが多かったです。

 

「Unite Shanghai 2019」の公式アカウントでも利用されていますから、WeChatが当たり前のように活用されていますね。名刺交換代わりにも活用しており、スマホ一台で済むのは助かりました。

 

チケットにもQRコードが貼ってあるんですよ。このQRコードでWeChatのミニプログラムが利用できます。活用すると、Uniteの講演プログラムなどを確認できて、とても便利でした。


image1

写真:入場パスにあるQRコード


ここまでQRコードを活用できているのも「Unite Shanghai」ならではなのかなと思いました。

 


――:来年に行く場合に気をつけることや行く方へのアドバイスはありますか。

 

 

Unityの方向性はある意味ゲーム業界のトレンドを示していると言っても過言ではありません。近い未来を見据えてヒットするゲームを作るにはUnityの最新技術を取り入れることがとても大事だと思いますので、来年も参加したいですね。

 

エンジニア以外の職種の方も、積極的にUnite(例えばUnite Tokyo 2019)に参加するのをおすすめします。

 

あとは、中国語ができなくても英語ができれば、参加できるので積極的に参加してもらえたらなと思います。英語でのセッションも多いですし、翻訳機の貸し出しもあるので、興味があれば中国語という壁は解消できると思います。

 

敷居が高いと考えず、まずは行ってみることが大事だと思います。


KLabでは当社の指針の一つである「Global Growth」への貢献意欲のある社員の後押しをしてくれています。ですので、今後も海外のイベントや勉強会には積極的に参加し、ゲームに還元していきたいです。

 

――:ありがとうございました!

 

 

----------------------------------------

 

「Unite Shanghai 2019」の講演以外にも様々な体験がありました。実際に現地に赴き、会場の空気や人々に触れることで、普段のゲーム作りにつながる良い刺激になったようです!

 

KLabではこれからも海外での取り組みに力を入れていきたいと思います!



このエントリーをはてなブックマークに追加