image4

8月4日(土)、香港・CGA eSports Stadiumにて『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の世界大会「DREAM CHAMPIONSHIP 2019」の「香港ROUND」が開催されました!

 

 香港ROUNDでも、16名の選手が集まり、様々な試合が展開されました!

今回は、決勝戦の試合の模様をご紹介します!



決勝戦は「踢足球好快樂」選手、『整齊個齊「蝦兵蟹將」』選選手が対戦。

まずは「蹴足球好快楽」選手チームのロベルト・本郷のシュートが繰り出されますが、若林くんのSGGKに阻まれます。


対する『整齊個齊「蝦兵蟹將」』選手チームからは、火野くんの倍速二回転トルネードシュートがさく裂。「蹴足球好快楽」選手からも思わず「啊~」(中国語で「あ~」)のスタンプが押されますが、「蹴足球好快楽」選手チーム若島津くんの攻防により、得点には至りませんでした。



その後も『整齊個齊「蝦兵蟹將」』選手チームの日向くんやロベルト・本郷が攻めるも0ー0のまま前半が終了。



後半に入ってほどなくすると、『整齊個齊「蝦兵蟹將」』チームの火野くんが倍速二回転トルネードシュートを放ち、見事1点獲得。


「蹴足球好快楽」チームも全力サッカーを発動し日向くんの雷獣シュートで反撃。しかし、SGGK・若林くんはゴールを守ります。


後半30分、「蹴足球好快楽」チームの日向くんがゴール前で放った魂の雷獣シュートが決まり、なんと1ー1の同点に追いつきます。その後、延長戦になるも両チームともにゆずらずPK戦へと進みます。



PKに入っても好セーブが続き拮抗しますが、「蹴足球好快楽」チームの7人目のボールが、ゴールポストに当たり、外れてしまいます。

image3
一方で『整齊個齊「蝦兵蟹將」』チームは、長時間の試合にも関わらず冷静さを失いません。エル・シド・ピエールのボールが見事にゴールし、『整齊個齊「蝦兵蟹將」』選手が優勝をおさめました!おめでとうございます!

image1
大会終了後に『整齊個齊「蝦兵蟹將」』選手に少しお時間をいただき、インタビューをさせていただきました!

image2
――:優勝おめでとうございます。まず始めに、今の率直な感想をお聞かせください。 ありがとうございます。今は平常心、という感じです。特に緊張感もなく(笑)。 ――:印象に残っている場面はどこでしたか。 最後にミスをした時でしょうか。ボールをうまく運ぶための指令を間違えてしまって、1-1に追いつくチャンスを相手に与えてしまいました。 ――:『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』を始められたきっかけを教えてください。 もともと子供の頃から原作が大好きで、アニメも見ていました。ですので、日本版のゲームが出たことを知った時から、ずっと香港版がリリースされるのを楽しみに待っていて、配信が始まってからすぐに始めました。 ――:好きなキャラクターが誰ですか。 日向小次郎が好きです! ――:本作は1日にどれぐらいプレイされていますか。 1日8~9時間以上はやっています。仕事から帰って来てから、夜中までプレイしています。 ――:そういえば、東京ROUNDの優勝者も、毎日長時間プレイしているとおっしゃっていました。 いやいや、僕の方が絶対より長時間プレイしていると思いますよ!(笑) ――:試合で勝つコツ、上達するコツがあればお教えいただけますか。 こういったゲームは、とにかくたくさんやりこむことが重要だと思います。止まらずにずっと続けるのがコツです! ――:『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のどういったところに魅力を感じましたか。 やはり小さい頃の思い出として、原作とキャラが今でも大好きなので、その世界に浸れるところがとてもいいですね。だから、僕らと同世代でハマっている人が多いんだと思います! ――:最後に、決勝大会へ向けての意気込みをお願いします。 今回、もともと事前募集に応募していたのですが、それには落ちてしまったんです。今日直接会場に来て、当日参加の抽選に当たり、参加することができたのでとてもラッキーでした。気持ち的にはまだ落ち着いていませんが、これからまだ1か月ありますので、レベルアップして決勝に臨みたいと思います! ――:本日はありがとうございました! 香港ROUNDの結果詳細のほか、各予選の結果については、特設サイトにて公開されています!9月に開催される決勝大会もどうぞお楽しみに! 次回のレポートでは、オフ会の模様についてご紹介します! Ⓒ高橋陽一/集英社 Ⓒ高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム 原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版) ⒸKLabGame


このエントリーをはてなブックマークに追加